広告

コンチータ先生から本物のメキシコ料理を習いました。 A Table スペシャルレッスン

名古屋市, メキシコ料理

A Table スペシャルレッスン

料理研究家で友人の和美さんのお店、元八事のA Tableで開催されたメキシコ料理のスペシャルレッスンに参加してきました。

メキシコ人のコンチータ先生からは、テックスメックスではない本当のメキシコ料理を教えていただき、目から鱗が何枚も落ちました。

今回教えていただいたのはこの4品。

  • ENSALADA DE NOPAL(サボテンのサラダ)
  • SOPA DE LENTEJAS(レンズ豆のスープ)
  • TACOS(タコス)
  • PASTEL TRES LECHES(スリーミルクケーキ)
  • AGUA DE NOPAL(サボテンジュース)

サボテン

トゲの部分をガスバーナーで焼いてからナイフで削ぎ落とします、食べやすい大きさにカットし香味野菜と一緒に茹でてから使います。

サボテンの半分はサラダにして、残りはパイナップルといっしょにジュースを作りました。

レンズ豆のスープ

レンズ豆がアルデンテくらいに茹であがったら炒めたひき肉と野菜を加えます、豆が柔らかくなればシンプルに塩胡椒で味付けして完成。

料理しながら、ビールも飲んじゃいました♪

サル〜♪

トルティーヤ

とうもろこしの粉に少量の小麦粉を混ぜてトルティーヤの生地を練っていく作業。

すこし寝かしておいた生地を丸めて、トルティーヤ1枚分のお団子をたくさん作ります。

たこ焼きくらいの大きさかな。

引っ付かないようにビニールシートで挟んでから、この器具で薄くのばして生地を成形、簡単そうに見えて意外とコツを要しました。

そしたら鉄板で両面を焼けば完成です、1枚が手のひらくらの大きさなので、家族分となるとかなりの枚数を作るのでなかなかの作業量です。

トウモロコシの甘味がしっかりあるから、お塩を少しつけるだけでもめちゃくちゃ美味かったよ!

カルネアサダ(牛焼肉)

今回のタコスの具は牛焼肉です。

焼き上げて、落ち着いたところで、食べやすい大きさにカット♪

スリーミルクケーキ

ミルク・練乳・生クリームの3つの牛乳の入った液をスポンジにたっぷり吸わせて作るケーキです。

この盾はつい先日に、コンチータ先生が本物のメキシコ料理を海外に広める貢献をしたメキシコ人としてただ1人表彰されたものです。

試食タイム

全部美味しそうに出来上がりました!

色合いがメキシコカラーですよね。

サボテンジュース

どこか懐かしい味ですね、青臭いとかクセは全くないさっぱりした美味しいジュース。

サボテンサラダ

インゲン豆みたいに見えます、少しトロッとしていて柔らかいの、全く癖がないから何にでも合わせられます。

レンズ豆のスープ

味付けが塩と胡椒だけなので、素材の優しい味わいが引き立ってますね、ひき肉とレンズ豆の大きさが同じくらいなので、同化していてむちゃくちゃ美味いの。

トルティーヤ

そのままおやつやおかずでも食べるし、もちろんタコスでも、こんな風にしてスプーンの代わりにも使うし、紙ナプキンのように唇の汚れを拭いたりもするそうです。

カルネアサダタコス(牛焼肉タコス)

トルティーヤに牛肉と玉ねぎとパクチーをのせてレモン汁をたっぷり絞っていただきます♪

今回は辛いものは一切なかったけど、トルティーヤが甘いので個人的には辛いサルサもあると嬉しいかな。

トレスレチェケーキ

あんなにどぼどぼにミルク液を染み込ませたのに、スポンジが意外としっかりしているのと、めちゃミルキー!

想像とは別物の初めて経験する味わいでびっくりしました、生クリームも軽くて最高です。

美味いジャマイカ〜!!

ビール飲んでタコスも5個くらい食べて腹一杯だったから、味見だけして家に持って帰ろうと思ったんだけど、一口食べたら美味すぎて瞬殺してしまったw

コンチータ先生のキャラが素敵でとても楽しかったのと、初めての知識もいっぱいいただけて勉強になりました。

腹パン大満足のスペシャルレッスンをありがとう、Muchas gracias!


B級グルメランキング

広告

Posted by ケイ