昔の味のどて定食が嬉しい 池下 麺類 加登有

名古屋市, 味噌おでん・どて, きしめん

加登有(かとう)

池下駅前に40年前からありますが、たぶんか今回が初めてな気がします。

純白の清潔な暖簾が素敵な麺類食堂で、こうゆうファサードは好感がもてます。

店内に入っても、やはり余計なものが置かれていないスッキリ清楚な空間でした。

唯一カキフライ定食の張り紙だけが目立っているので、ついつい注文したくなります、作戦でしょうかねw

そして4人掛けのテーブル席が水平対抗6気筒エンジンのようにシメントリーな配置になっています。

お店は、ベテランのご夫婦らしきお二人で営んでおられるようでした、ご主人が奥の厨房で調理して奥様がサービスを担当。

そして、たまたまかもしれませんが客の年齢層も高かったですね、俺なんぞまだひよっこでした。

定食・丼物のお品書き

トップバッターがきしめん定食なところが名古屋っぽくていいですね!

麺類の定食には、串カツとコロッケにご飯が付くみたいでした。

麺類単品のお品書き

ざるそば・ざるきしは、かけそば・きしめんよりも250円高いんだね、なるほど。

そして俺の選んだメニューは、最近あまり見かけなくなったご当地B級グルメのこれです♪

どて定食 1000円

どて煮に、きしめんとご飯が付いています、これぞ名古屋メシって内容ジャマイカ!

最近は居酒屋でどて煮を注文すると、牛スジを赤味噌で煮込んだものが出てくることがほとんどですが、

俺の若い頃は、どてと言えば豚ホルモンって決まっていて、臭み消しに山盛りの刻みネギをのせてから一味や七味唐辛子をかけて食べるものでした。

ここ加登有のどて煮は、そんなオールドファッションの豚モツだったので嬉しくなります♪

きしめん

これもオールドファッションな顔をしています、黒い汁に蒲鉾・油揚げ・ホウレン草・花かつお、名古屋のお約束通りね!

きしめんも汁の味も昔懐かしいタイプです、どちらもキレはないけどほっこりしますね、一口啜れば昭和の頃の思い出が頭をよぎりました。

どて

まさに昭和の頃のやつです、濃厚な赤味噌味で煮込まれた豚モツと蒟蒻、これにレバーも入っていたりするとなお嬉しかったりします。

お作法の通りに、刻みネギと七味唐辛子をかけていただきます。

そしてご飯の上にライドオン!

どて丼完成!

このどては臭みもなくて旨いよ、白菜の漬物もいっしょに食べるととてもいい具合でした!

車でなければ絶対に酒がのみたいところですが、今回は白飯で我慢です。

どて丼旨いジャマイカ!!

キャベツは味噌をつけて食べます、これは箸休めね♪

まさか昔風のどてが食べられるとは予想外の展開でしたが、来てよかったなぁ。

お腹いっぱい胸いっぱいの大満足です、ごちそうさまでした。

昔風の豚モツのどて煮が美味かった店

 


B級グルメランキング

Posted by ケイ