北京飯セット  北京 高棚店

2020年12月14日

真夏の青空の下、安城市で買い物してから碧南市へ向かう途中で、北京!

北京は、本店以外を利用するのは初めてですね、この高棚店は、でんまぁとからすぐ近くです。

↑↓この2枚の写真は会計後に撮影したので、準備中で既にノーゲスト、俺らが昼営業の最後の客でした。

本店よりもかなりメニューが少ないです!

だから全然迷いませんでした、これに即決!(笑)

最初に餃子とハーフサイズの名物北京飯が着丼!

シズってますね〜♪

そしてすぐにラーメンも着丼!!

この組み合わせって最強じゃないですか!?

これは、あちらこちらのオヤジのハートを鷲掴みにしているような気がする(笑)

実にイイ絵柄ジャマイカ〜!

そして餃子、ビシッ!と形と焼きが整っていて素晴らしいですねぇ♪

どうやって食べましょうか、こいつらを?

今回はタレで半分、酢と胡椒で半分ずつ食べたけど、これには酢と胡椒の方が合うようで好みでした。

ラーメンは昔の町中華の王道と言える味わいの麺とスープ、ですがトッピングの大きなチャーシューと味玉でネオクラシカルかなw

このスープにも、お酢と胡椒を入れると自分好みの感じになって旨かったです!

北京飯、豚の唐揚げを半熟玉子と絡めた丼、ガツガツご飯がすすむでB食系で、ケンミンSHOWで取り上げられた安城の名物。

ハーフサイズでもまぁまぁの量がありました(汗)

こってりな割に意外と薄味なので、卓上の専用ダレをかけると、甘酸っぱさが効いてぐっと食べやすくなりました。

空腹男子大満足の北京セットですね、ごちそうさまでした〜♪

 


B級グルメランキング

スポンサーリンク