鍋で煮るのに鍋焼きうどんって言うのはどうして? 松山市 鍋焼きうどん ことり

愛媛県, うどん

松山市道後温泉

鍋焼きうどんの語源はどうゆう事なんでしょうか?

諸説有るようですが、上方言葉で煮ることを「たく」と呼び、これは「炊(た)く」や「焼(た)く」とも記するからと言う説や、

鍋を焼いて(火にかけて)調理するからと言う説を唱える方が多いようですが、実際の記録は無いみたいですね。

そんな鍋焼きうどんは松山市の名物でもあります。

有名なのは戦後間もない昭和22年の創業したこの「アサヒ」と

すぐ近くで昭和24年創業「ことり」です

歴史あるここら辺の路地と店の佇まいがなんともノスタルジックで好きですわ♪

どちらに行こうか迷ったけれど、アサヒはビールも新聞も好みではないのでこちらにしました(笑)

鍋焼きうどん ことり

メニューは、「鍋焼きうどん」と「いなりすし」のみ、潔くて素敵です!

いなりは直ぐに出てきます。

大きくて不格好で、おにぎりみたいです(笑)

鍋焼きうどんは金属製の鍋を使うのも特徴的ですね、我が名古屋では土鍋を使うのが一般的ですが。

ご開帳~♪

具は、醤油味で甘く煮た牛肉・蒲鉾・玉子焼き・刻み揚げ・ネギなど。

では七味をかけていただきま~す!

昆布といりこの優しいスープです、塩っぱさがなくて程よく甘めなところも気に入りました。

お揚げからのコクと牛肉からの良い味が染み出てきて、次第に味が変化していきます♪

うどんは隣の県の讃岐うどんとは全く別モンで、博多うどんのようにコシが全く無いタイプでした!

このうどんが優しいダシに実によく合っていて、実に美味くまとまっているんです!

全方位的に尖った部分が全くない丸くて穏やでピースフルなうどん、といったところでしょうか。

初めての松山の鍋焼きうどんの味も、下町風情のある雰囲気も大いに気に入りました。

いなりの方はニンジン入りで珍しいタイプでした。

鍋焼きうどんのボリュームが少な目なので、いっしょに食べると丁度いい腹具合ですよ♪

大満足です、ごちそうさまでした~♪

後は、そうそう、金属製の鍋が若干変形しているので、箸でうどんを持ち上げようとすると鍋がクルクルと回転してしまって食べにくかったです(笑)

手で押さえようにも熱いしね!

それも楽しかったですよ(笑)


B級グルメ ブログランキングへ

Posted by ケイ