飴源

佐賀県, 和食

ツガニを目当てに江戸時代から続く飴源さんへ

カニ横景

箸袋も箸置きもツガニですw

箸袋
ここは去年の婦人画報の九州特集で知りました、例のタイヤ本にも掲載

座敷からの眺め、そこの大きなイチョウの木が色づくとツガニが美味しい季節らしいです♪

イチョウ
店の前を流れる玉島川のツガニは通年、他には鮎、ヤマメ、白魚など四季折々の恵みをいただくことができます

そして飴源では生きた川魚しか使用しないこだわりが魅力!

今回はツガニのコースに鰻をプラスしてお願いしました

先ず最初に来たのはスッポンスープ、水のように自然に身体に染みていきます、この1杯でもうここのファンに♪

すっぽんスープ

次は、大将自ら栽培している野菜の刺身です、これはたまらん!

野菜

ドレッシング的に、ゆるめに仕上げた酢味噌と柚子胡椒でいただきます

酢味噌
こんなの都会では食べられませんね、田舎の普通が都会の贅沢です(笑)

今度は焼き物用の大きな椎茸です、これも大将が栽培したもの

椎茸1

サッと焼いていただきます

椎茸2

ふわふわした食感と香りが実にええですわ♪

椎茸3

ここでメインのツガニ登場!!

カニ1
めちゃくちゃ熱々です!

別の角度からw

カニ2

先ずはミソたっぷりな雄からいただきま~す!

雄カニ1
どうですか~!?w

カニが大きくないから集中して剥いています

雄カニ2
そんな無言の作業が続いてやっと一杯剥き終わりました、首と肩がメッチャこりました!

でも食べるのは一瞬なんですよね(笑)

雄カニ3
たまらなく美味いっす、はるばる来て良かった♪

ここで天然鰻!カニ剥きを中断して休憩タイム、蒲焼きは温かいうちに食べましょう♪

鰻1

さすが天然物、軽くて爽やかな鰻です、全くお腹に残りません最高!

鰻2

では仕事再開です、残りは内子がたっぷり詰まった雌二杯、頑張りますw

雌ガニ

苦労して剥いた分、美味しさが倍増!

雌ガニ2
俺は内子のある雌の方が好きなので剥きがいがありました(笑)

個室なので人目を気にしないで、肩と腰をストレッチ&しばし外を眺めて休憩中w

川に鴨
次は食事です

ツガニ汁、これも優しい味ですわ、すり流した身がフワフワ♪

カニ汁

ツガニを炊き込んだシンプルなご飯、味付けもミニマムで軽いこと

カニご飯
甲羅を掴んで裏返してみると

これは嬉しくなるでしょう♪

甲羅ご飯
うまスギ花粉!

もちろんお代わりね!

お櫃

最後の米一粒まで食べ尽くしました、漬物も絶品

カニご飯2

デザートには3種類の柿とレインボーキウイ、柿が大好きなのでこれはたまりません

デザート
唐津で最高の料理とおもてなしに大満足、ごちそうさまでした♪

4代目と5代目女将のお見送り

外観
I’ll be back!


B級グルメ ブログランキングへ

Posted by ケイ