RESTAURANT A MINERRA

晩ごはんは、ブラジルの南東部にあるミナス地方の料理のお店へ連れて行っていただきました

外観

カントリー調で田舎の郷土料理の雰囲気満点です

外観2

なかなかの大箱店です、この日はめちゃ空いていましたが、いつもは賑わっているそうですよ

内観
料理はセルフサービスです、これだけ大きな店なので混んでいたらセルフでないと回りませんよね

とりあえず生ビールで乾杯して料理を取りにいきました

ビール
料理の品数が半端でなく多いの!

見たことも無いものばかりなので全部食べてみたい、好奇心と胃袋のキャパとのせめぎ合いです(笑)

現地駐在員の木村さんと見目さんに料理の説明をしていただいています

セルフサービス
なるべく多くの品数を少量ずつ試してみました

そして、この辺りの揚げ物がビールに合いまそう、そしたら生野菜もとらないとバランスが・・・なんて考えながらね(笑)

オカズBAR

煮込み料理のコーナー

スープバー

手前の黒い煮込みがブラジル国民食の代表であるフェイジョアーダね、ご飯にかけていただきます

フェアジョータ

色んなチリ(唐辛子)、怖いけど試してみたくなるね(笑)

トウガラシ

デザートピッツアです、イタリア系移民も多いサン・パウロはニューヨークにつづいて世界で2番めにピッツア店が多いんだとか!

ピッツア

デザートコーナー、ブラジルはフルーツ王国です、特にパイナップルは繊維っぽさがなくて芯までもがメチャ美味いの!

フルーツ
それに南米ではプリンが人気みたいで、あちこちでよく見かけました♪

肉料理コーナー、ここで好きなモノを焼いて切ってもらいます!!

肉

色んな物を少しずつ、どれも素朴で俺の口に合うものばかりでした、イイね!

前菜

勧められたスープを飲んでみたら、こってり濃厚な鳥白湯系ベジポタスープでした、これラーメンで食べてみたいです(笑)

スープ

ブラジルと言えばカサーシャ、サトウキビから作る蒸留酒でラム酒のようなものです、俺好きw

ショット

2皿目、鶏肉とオクラの煮込み(フランゴ・コン・キアーボ)はミナスの郷土料理で見たとおり軽くご飯に合う味で美味いです!

ごはん
手前左のフェイジョアーダは、元々は奴隷の為の食事で、豚のモツやタンや耳など捨てる部位と保存食である乾燥黒豆を煮込んだ料理です

日本でも何度かいただいたこ事はありますが、正直ピンときませんでした・・

ところが、これは初めてフェイジョアーダが美味しいと感じました、ここのはハーブとスパイスが絶妙で病みつきになりそう(太りそうw)!

そして今度はカイピリーニャをいただきましょう♪ さっきのカサーシャにライムと砂糖を入れたド定番のカクテルです

カイピリーニャ
美味い!夏向きなので日本でもこれからの季節にバッチリでっせw

3皿目は肉です! 奥から酒に合う辛いソーセージw・豚の皮?腸?をサクサクに揚げたもの・鶏のハツ(心臓)・牛肉

肉皿
どれも酒が進んで困るジャマイカ!(笑)

よく食べてよく飲みました

最後はデザート、スイカと焼きバナナ(旨し!)とフルーツのシロップ漬けでフィニッシュ!

焼きバナナ
まだまだ食べていないものが沢山ありすぎて後ろ髪引かれまくりですが

もう腹パンなので、ここでごちそうさまでした♪

木村さん見目さん、どうもありがとうございました!!

RESTAURANT A MINERRA


B級グルメ ブログランキングへ

スポンサーリンク