肉の日は岩手短角牛のステーキ900g ラ・カボット

2020年10月5日

たまには野獣のようにがっつりステーキを!

岩手短角牛の肩の肉です、大きさは900gで予めマリネして下味をつけてあります

肉
相棒と2人で食べるには充分な量、ていうか結果的にまだまだ余裕でしたw

野菜もしっかり摂りましょう♪

サラダ

あの厚みのステーキですから焼き上がるまではかなり時間がかかるので

これをつまみながら金鯱ビールプラチナエールをグイグイやりましょう♪

豚足
焼き豚足のテリーヌ最高です

金しゃちプラチナはヒューガルデンホワイトのようなタイプでほっこり美味いジャマイカ!

もう1つの主役は、ヴィニ・ヴィティ・ヴィンチ ル・プティ・デルニエ・エ・タリヴェ・プリムール2011

ワイン
前日抜栓しておきました、エチケットもコルクもエロイけどワインは真面目に作ってあります(爆)

野生酵母だけで醗酵、補糖なし、SO2不使用で醸造したピノ・ノワール主体の新酒です♪

綺麗な色ですねぇ、酸味が少なくて果実味と旨味がた~っぷりでメチャクチャ美味い!

赤身の肉によく合うし全く飲み疲れしません、あまりに美味しかったので翌日もう2本ポチリましたw

実はコレ、先週の週刊ポスト うまいもの探偵団/珠玉の一品-「祥瑞」の「肉屋の一皿」の記事を読んで

あの激旨ステーキの「祥瑞」さんがこのワインをおすすめしていたので、俺も真似してみたかったんです(笑)

ステーキ1
シェフがカットしてくれました、これにたっぷりのマッシュポテトも♪

下味が入っているので、後はこのままマッシュといっしょにガツガツと野獣のように喰らうのみです!

ステーキ2
噛めば噛むほど旨味がジュワジュワ系ですわ、しかも赤身だから軽い軽いガンガンイケちゃいます!

赤身の肉にはこうゆう重すぎないワインがピッタシですね最高でした、ごちそうさまでした~♪

関連コンテンツ