ル・コントワール・ド・ビオス

11月2日、静岡市紺屋町の浮月楼の向かいのビルに

ビオファームまつきさんの新しいお店がオープンしました!

ル・コントワール・ド・ビオスは、ビオスのカウンターという意味。

もちろん、無農薬の野菜が主役・脇役のカジュアルフレンチレストランです。

オープン日の夜、寿司屋コラボイベントの後で駆けつけました(爆)

店
ガラス張りのお店なので入りやすいです。

窓には松木さんのいつものイラストが、向いのホテルは俺の定宿なので素通りできない危険なロケーションなのだw

ガラス

日替わりの特選メニューは壁の黒板に、そしてカウンターが特等席ですので是非とも予約して行きましょう。

店内
右はビオスの定休日でヘルプに来ていたビオスの川崎シェフ、あそこで肉や野菜を炭焼にしています。

既に寿司コラボで飲んできたので、ツマミとワインを注文♪

モレ・サン・ドニ
まだ若いけれど美味しい、香りがよくて酸が控え目な好きなタイプです♪

軽めの肉にも合うし、土っぽい香りが根菜類とも合いました。

生ハムのサラダ

サラダ
生ハムも旨いけど、野菜は流石、苦味はあってもエグ味は無し。

焼き野菜のバーニャカウダ

焼き野菜
牛蒡とさつま芋が甘~い、ソースは必要ないかもね

ナイフ

これが超絶品でした!

心臓

伊豆産の仔牛の

ハツ

心臓です、火入れもお見事!

ハツ2
これまで食べたハツの中で1番です。

厚くカットした麦豚のバラ肉を炭焼で

麦豚
これもナイスでした。

ビオファームまつきの看板のレッドムーンを使ったチーズケーキ

ケーキ
野菜を使ったスウィーツ流石です。

松木さん松木さんと俺、ピンボケだったので小さくしました(汗)

オープンの1週間前にビールをおよばれした時の写真です。

右のカメラマンはソロモン流の撮影クルーで

11月13日(日)の放送は、夜9時34分からになります。

次回放送:11月13日 松木一浩

次回は、『ビオファームまつき』代表取締役・松木一浩が登場。

49歳、農業家。松木さんの栽培する有機野菜を求め全国から注文が殺到。

畑に併設されたレストラン『ビオス』には、近郊のみならず遠方からもその野菜を求めて人々が集まります。

ホテル、レストランサービスの世界から農業家に転身した彼が目指すものは、有機野菜の生産から加工、流通、サービスに至るまで全てを自らの手で完遂すること。このビジネスモデルこそが、日本の農業の未来を変えると賢人は言います。

しかし!2011年秋。そこには数々の苦難が。未曽有の台風が畑を直撃し野菜不足に。さらに、資金調達のメドが立たないまま迎えた新店舗の着工…。果たして11月に控えた新店舗をオープンすることはできるのか…!?

番組は、新しい農業の実現をめざす賢人の姿と、その奮闘に完全密着!

日本の農業の将来を鋭く見つめる“農業の革命家”の姿に迫ります。

ル・コントワール・ド・ビオス ビストロ / 静岡駅新静岡駅日吉町駅

人気ブログランキングへ