うどんの國の蕎麦屋へ行ってみた そば処 古川

高松市美術館で開催中の小谷元彦「幽体の知覚」を観てきました。

小谷元彦
映像や造形もそうですが、作者ご自身の血液を混ぜた赤いシャボン玉を作ったりと、

まさに背筋が凍るような、狂気のアートがド迫力で凄かったです!

怖いのに惹かれて観たくなってしまう恐怖感!

うちの娘達にはお化け屋敷よりも怖かったようですが(笑)

美術館前にあるスタイリッシュなビルの2階に、お洒落な蕎麦屋を見つけたので一人で入ってみました。

店内
窓の外の緑と採光が気持ちよくって開放的なお店です。

真っ白な壁と天井、黒い床にスクエアな茶のテーブルのシンプルで居心地いいスペース。

壁
うどん屋ばかりの讃岐で、蕎麦屋はどんなものかと気になっておりましたw

暑い日なので先ずはビール

ビール
野菜の煮物がついていました、おいちぃ♪

天ぷらの盛り合わせ

天ぷら
海老が1匹の他は全部普通の野菜でがっかり、

これならうどん屋の天ぷらの方が、ネタが豊富で魅力的だと思う、季節感のある天ぷらが欲しかった。

もりそば

もりそば
蕎麦が平打ちで太めなのですが、二八だと思いますが喉越しコシも申し分ないです。

汁も江戸前の辛いやつ、好みの味で美味いジャマイカ、そば湯で割っても変わらない美味しさでした。

そば
薬味の葱の量がたっぷりなのと、山葵が美味しくない点は、うどん文化圏を感じる部分かな、

あと蕎麦の量がメッチャ多かったです(笑)

蕎麦と汁は気に入りましたので香川で蕎麦を食べる時はまた来たいと思います。

そば処 古川 そば(蕎麦) / 片原町駅(高松)瓦町駅高松築港駅

人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

香川県, 蕎麦

Posted by ケイ