さぬきうどん巡礼2日目 よしや 宮武うどん

疲れていたので二度寝してしまい、9時頃から遅めの朝食へ出かけました。

宇多津のホテルからほど近いお目当てのうどん屋を目指します。

讃岐富士のすぐ近くの店といえば飯山にあるS級の「なかむら」ですが

山
腹ペコなので行列に並んでまで食べる余裕はありません(笑)

中村のすぐ近くの「よしや」さんがお目当てなのだ!

よしや1

ここのうどんは、機械を一切使わず手で練って足で踏み、こねて伸ばして包丁で1本ずつ手切りなのだ!

よしや2

左のおでん鍋の方から右に向かって好きなオプションを選び、最後にうどんをもらって会計します。

中

手間ヒマかかったうどんをシンプルに味わいたかったから「醤油うどん」にしました。

おでん
ここのおでんはマスト、牛すじも厚揚げもめちゃくちゃ美味いジャマイカ~!

久しぶりにこんなに美味しいおでんをいただきました。

うどんにほんの少し醤油をかけていだだくので「うどんの刺身」です!

うどん
もちもちした食感がたまらんわ、最高♪

手切りならではの微妙な不揃いなところが複雑味を出しています。

そして最後のうどん屋ですが、

新しく高松であの名店が復活した「宮武うどん」へ行ってみました。

店

かつての宮武の行列を覚悟して行ったのに、こんなに空いていて拍子抜け(汗)

中
天ぷらは藤原さんのではなくなって、自家製になっていました。

あのごっついげそ天が食べたかったのでプチ残念です。

ここでは「ひやあつ」と、えび天・イカ天を♪

ひやあつ
まろやかな出汁の味わいと、うどんのコシのいいとこ取りするには「ひやあつ」がベスト!

自分で生姜をおろしていただきます

生姜

宮武独特のねじれは、前よりも弱くなっているけれど健在でした!

アップ
大将が話していたのは「柔らかくてコシのあるうどん」を目指しているとのこと、

水を変えたら出汁は美味しくなったけれど、うどんの味が落ちたとか、

まだ試行錯誤中の部分もあるようなので、

今でも十分に美味しいけれど、これから更に美味しくなっていくと思われます。

機会があったら変化をたしかめに来てみたいと思います。

ただ、

あのくしゃくしゃの笑顔でうどんを打ちながらも、暗算でお客の会計する、

前の宮武の大将が持っていた個性とインパクトは、相当に大きかったですから、

新生宮武として新たな店の個性を作っていくのは結構しんどいだろうなぁと感じました。

今回の旅では、

うどん屋は5軒だけの訪問でしたけど、すべて大満足の素晴らしいお店ばかりでしたよ。

唯一の心残りは、

マイベスト釜揚げうどんの「香の香」へ行くことが出来なかったこと(泣)

人気ブログランキングへ←まだまだ香川のうどん以外の日記へ続きます!

関連コンテンツ