ししゃもの雄と雌の見分け方

沼津では車のアクシデントでお寿司が食べられなかったので、静岡のいつもの店でリベンジしました(笑)

サッポロ

カワハギの刺身

カワハギ
肝が甘っ!日本酒がすすみます。

先日名古屋のお寿司屋さん(ブログNG店なので日記無し)で、

生のししゃもと、干したものと食べ比べましたが、干したものの方が旨味が凝縮していて断然旨かったです。

今回は、干してあるししゃもの雄と雌を焼いてもらいました。

ししゃも
下腹の辺りにあるヒレの大きな方が雄で小さい方が雌だそうです、

この写真でいうと手前側が雌ですね、卵好きには雌でしょうが、

俺は雄も捨てがたいので次回も両方いただきたいと思います。

この後は、ミナミマグロの赤身のづけ・中トロ・ウニ・生ゲソ・イワシなどの生ものを握りでいただいてから・・

好物のアナゴはマスト、柚子塩で♪

あなご

小振りな焼き牡蛎が二個付けで、生よりも旨味と甘味が強くて美味いと思います。

牡蛎

炙ったゲソは甘だれが好き

げそ

〆は細巻き1本の半分づつを干瓢とカッパで巻いていただきました。

かっぱ
どちらも山葵多めが好み♪

今日の一言:「首が痛くても寿司は食べたい」(笑)

人気ブログランキングへ

すし

Posted by ケイ