寿屋 酒店 2

2020年8月25日

お店表

一番乗り

店内1
右に位置するのはタンスではなくて、昔の氷を使う冷蔵庫なのです

魚も瓶ビールもここで冷やしているからひと味違います

この日できるお品書きは七品

店内2
入り口の脇に置いてある七輪を使って、丁寧に魚を焼いてくれるんです

表も裏の戸も開け放っているから、わりと風が抜けてくれます、当然蚊の奴らも・・・一箇所やられたぜ

小上がり
当然クーラーも扇風機もありません

そう・・

だから余計に

生ビールがめちゃくちゃ美味いんです・・

生1
ご主人がじっくり、じっくりと時間をかけて、ビールを注いでくれます。

泡が納まるとまた注いで、その繰り返しを何度も・・

だから相当に時間がかかります

ドイツなんかそんな感じの所が多かった気がします。

そしてテーブルに運ばれて来た時は

これが、また何とも旨そうなルックスなのです!

きめ細かな泡がまるで入道雲のよう

てんこ盛りの泡がジョッキの縁から垂れていて実にそそる絵をしてます。

待ちにまった最初の1杯がそんなんだから

とても撮影どころではありませんわ

顔の方からジョッキに近づいて、一気に半分ほどは飲んでしまいます。

生2

まさにゴールデンタイム、至福の時間・・・ビールはこのように注いで欲しいものですねの見本です!

生3

最初のおつまみは鰹しかないでしょう!この日はサッパリとした赤身の御前崎産

鰹1

もちろん皮付きでお願いしました、添えてある玉ねぎが焼津スタイル

鰹2

たこ刺もあまりの美味しさにびっくり!まさに旨味の塊でした

蛸刺し

太刀魚焼きは外せません、この日は大きなサイズのものが入らなかったみたいですが充分旨し

太刀魚焼き

鰹麹漬けは、中でも古漬けのものを選んで焼いてもらいました。

鰹麹漬け
昔ながらの保存法ですが、これまた酒がすすこと!

この日はすべてぬる燗でお願いしました

気持ちよく酔ってたせいか、このまま死んだら幸だよな~って一瞬だけ思ったよ

お店表夜

駅の方までぶらぶら・・

川1

この晩も最高の夜でした

マーメイド

人気ブログランキングへ←あなたのクリックでランキングがアップ!応援よろしくお願いしま~す♪