スポンサーリンク

“楽 粋 亭 み お” でアサヒプレミアムビール「熟撰」を味わう

アサヒビールの“熟撰”って知っていますか?

熟撰

これまでは飲食店でしか飲むことのできなかったプレミアムビールなのですが、3月11日から一般発売となりました。

俳優の渡辺謙さんのテレビCMで観たことありませんか?

まだご存知なければ、熟撰のウェブサイトをチェック!http://www.asahibeer.co.jp/jukusen/

そんな中、今回はご縁があって、発売キャンペーンの、“熟撰と合う逸品レポート” に取材協力させてもらいました。

上のテキストリンクからキャンペーンサイトに入り、画面の下の方にある、各地のブロガーが堪能、熟撰と合う逸品レポート

をクリックします、日本地図が現れたら名古屋のところをクリックして下さい。 

熟撰は、今までのプレミアムビールのように、ホップの風味や味の濃さとかにパンチを効かせたビールと違って、

とても優しくて繊細な味のビールです。

驚くほど軽くてスムースな喉越しが特徴!!

味は薄いのだけど、じっくり味わって飲んでみると、実はボディがしっかりしていることがわかります。

お店では、美味しく提供するために、温度とガス圧に細かく気を使っているそうです。

従来の生ビールのイメージって、できるだけ冷えたやつをジョッキで一気にゴクゴク、プハー♪って感じですけど(笑)

この熟撰は、あまり冷やしすぎないで、ワインを楽しむようにゆっくりと風味を味わって飲むのがおすすめです♪

今回は、“楽 粋 亭 み お” さんでいただいた、《熟撰と日本料理とのマリアージュ》 をご紹介します。

三河湾産のあさりと春ワカメの土瓶蒸し

あさりと春ワカメの土瓶蒸し

三河湾産のプリプリのあさりと春ワカメ、それにレタスが入っています。

あさりからのうみゃ~お出汁に、ジャパニーズハーブの木の芽が加わって、

口の中が春いっぱいに!

余計な味付けがしていないので、ダイレクトにあさりとワカメを味わえる、こんなお料理には熟撰がピッタリです。

優しい風味なので、素材の味を邪魔せずにそっと寄り添ってくれるんですw

篠島のふぐの七味焼き

ふぐの七味焼き

有名な篠島のフグを、卓上の七輪で、自分で炭焼きにしていただきます。

七味焼きといっても、全然辛くなくって、七味のいい香りがする程度、醤油の味付けも最小限です。

 

上品なふぐの旨味と、醤油の焦げる匂いがたまりませ~ん、熱々で肉厚のふぐにガブッと噛り付いては、熟撰を1口!!

 

あ~至福の時間だ~♪

 

焼きふぐと熟撰のマリアージュの完成です!!

 

超おすすめのマリアージュですが、篠島のふぐも3月末くらいまでみたいです、食べたい方は今すぐレッツゴー!!

篠島の桜鯛の酒煮

桜鯛の酒煮

桜鯛の頭を、お酒と塩だけで煮てあるので、ピュアに鯛の味が楽しめます。

 

鯛は頭の部分が一番好きなんだよ~♪

 

魚は、骨に引っ付いてる部分に一番旨味が多いから、目や口の周りのトロッとした肉や、頬の筋肉質の部分も、

全部が違った味がして美味しいですよねぇ♪

 

手や口が汚れるけど、でもそんなの関係ねぇ~(古)!

手づかみで身を全部しゃぶりつくすと、後は骨しか残りません。

 

優しい風味の熟撰なら、鯛の繊細な味も引き立ててくれます!

おでん

おでんと熟撰

大根・玉子・牛スジ・蛸・牛タン、こちらのおでんも薄味で炊いてあります。

お好みで赤味噌や辛子をつけていただきます。

串に刺してあるところが静岡おでんみたいですねw

噛むほどに旨味が出てくる蛸と、初めて食べた牛タンのおでんが特に気に入りました!

熟撰の味は、和の素材と喧嘩しないので、日本料理によく合います、

日本料理と熟撰のマリアージュ、いかがですか?

みおさんカウンター

楽 粋 亭 み お

 

営業:お昼席 午前11時半より午後二時迄 / ご夜席 午後六時より午後十時半迄

定休:水曜日(祝日の場合は営業いたします)

駐車:あり

住所:名古屋市昭和区藤成六丁目十五番地 エスポワールフジナリ一階

電話:052-853-0280

HP:http://www.arkworld.co.jp/mio/index.html

前回の日記、https://eatandrun.blog/archives/51279300.html

バナー←レストラン・飲食店ブログランキングに参加中です、今何位かな?気になったら応援クリックよろしく♪

スポンサーリンク