スポンサーリンク

川長

名古屋市東区山口町の、有名なうなぎ屋さん“西本”のすぐお隣りにあります。

名物の、“うなぎ釜飯”をいただいてきました、“ひつまぶし”とはちがうよ♪

のれん

注文が入ってから調理するので、40分くらいかかります、その間に“うざく”をつまんで待ちました。

うざく

うわっ、これめっちゃ旨い!もろ好みの味でした、酢のあんばいがイイ、シャキシャキのキュウリに大葉が爽やか~です♪

待つこと約30分、こんな感じで出てきます。

釜飯

“うなぎ釜飯”の並、上との違いはうなぎの量だそうです、大ぶりのお茶碗にたっぷり4杯分はしっかりありますよ♪

うなぎ釜飯

薬味の葱・山葵と漬物3種

漬物

先ずは、そのままいただきます、おーっうみゃ~!めっちゃ好きだわこれ!!

そのまま

蒲焼のうなぎを刻んで、ご飯に載せただけの“ひつまぶし”と違って、蒲焼のうなぎを入れて1から炊いているから、

うなぎ蒲焼の旨味と風味が、米粒にしっかりと染み込んでいます。

当たり前だけど、米の炊き加減がばっちりで、旨んまいこと!

蒲焼とご飯のマリアージュを味わうのが“うな丼”や“ひつまぶし”であるならば、

この釜飯は、うなぎの味の染みたご飯を味わうものなんですね、すっごく気に入りました!

薬味の葱・青海苔・山葵を入れてもう1杯

薬味を入れて

ダシをかけてお茶漬けもいいです・・・

お茶漬け

でもやっぱり、俺的には、そのまま食べるのが1番好きですわ!

今回は並をいただきましたけど、上だと鰻の量が多い分、ご飯の味も変わってくるでしょうから、次回は上にしてみます。

ここの釜飯は、かなりの量があるので、年配の方などは半分残して持ち帰りにする方もいました、

1品で色々つまんで飲んでから、釜飯で〆るなら、2人で1人前を注文すればちょうどいい量だと思います。

実はもう1軒、この近くに、“うなぎ釜飯”の老舗がありますので、そちらにもそのうちに行ってきますね(笑)

川長

住所愛知県名古屋市東区山口町4-16

電話:052-935-2829

営業:11:00~14:00 17:00~19:30

定休:日曜日

時間もかかるし、売り切れたら閉店なので早めに行くことをお勧めしま~す。

バナー←人気ブログランキングに参加しています、気に入ったらポチして下さ~い♪

スポンサーリンク