スポンサーリンク

とんかつ食房 厚○ (あつまる)

2020年10月6日

某レストランガイドの、とんかつ部門で第一位のお店、

前から気になっていた宿題店に、期待度100%で行ってきました。

だって名前からして、俺のとんかつ持論の“とんかつは厚い方が絶対に美味い”に、ピッタリじゃないですかぁ~!!

暖簾

暖簾

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エントランスのマット:俺のコンバースまで写っていますね(汗)

マット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めてなので、おすすめの“厚切りロースとんかつご膳”1580円と、“厚切りヒレとんかつご膳”1680円を注文しました。

ご膳には、とんかつの他に、前菜・サラダ・ご飯・味噌汁・漬物・デザート・ハーブティが付いています(普通の定食もあります)。

とんかつは、低温の油でゆっくり揚げるので、けっこう長く調理時間がかかります(急ぐ時はこの店は止めましょう:笑)、

なので、ここでは鰻屋さんにでも来たつもりで、のんびりと待ちましょう♪

絶品の“とりの軟骨揚げ”をつまみに“サントリープレミアムモルツ”を飲んでたら待ち時間も楽しいですよ~♪

ビール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビールは、俺も好きなプレミアムモルツ1種類だけしかありません、日本酒は純米吟醸が2種類ほど、

焼酎も芋と麦は1種類ずつあるだけでした(ワインがあったのかは忘れました:汗)。

ソフトドリンクもウーロン茶とハーブティーだけで、ジュース類はありません。

1番最初に、おしぼりといっしょに出てくるお茶は、ほうじ茶でした(ほうじ茶は、食事に合いますよね)。

ビール以外は飲んでいないけれど、本物志向のセレクションの雰囲気がしています、絶対に美味しいでしょう♪

ウチのとんかつに合う飲み物はコレだけですって感じですかね?潔いところがとっても気に入りました!

とりの軟骨揚げ:コリコリした食感がたまりません、ビールでも焼酎でもピッタリでしょう

なんこつ揚げ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前菜:きんかんのシロップ煮と胡麻豆腐それに正月らしく黒豆、どれもたいへん美味しゅうございました。

前菜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後で、サラダとご飯(米粒がピカピカでしたよ)、あさりの赤だしと大根の漬物(シャキシャキで最高)が出てきます、

どれも手抜かりなく美味しかった・・・

そしてメインの厚切りロースとんかつ:衣の密着度が凄いです!(そこって重要だと思いませんか?)

ロース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衣を噛むと、新雪の上を歩いているかのような食感がしました。

ロース肉は、とても柔らかくて繊細な味がします、それは説明しにくいけれど、フレッシュな感じで、とても上品な美味さです。

その食べ方は、細かい目のミルで挽いた岩塩を少しだけつけていただきます。

だから繊細な肉の味がよくわかって旨いです(レモンは必要ないですね、俺には邪魔に感じました)。

テーブルに用意されているオリジナルのとんかつソースには、たっぷりの玉ねぎやら人参が入っているそうですが、

野菜からの自然な甘味成分のおかげでしょうか、市販のトンカツソースのみたいに砂糖のいやな甘ったるさがなくってベリーグッド!

その上、爽やかなハーブの香り加わっていて、とても美味しいとんかつソースなんですけれど、

ソースが美味し過ぎるが為に、肉の味が負けちゃって、消えてしまいます。

なのでこの肉には合わないです、メンチカツとか他のフライメニューの時に使いましょう。

ここのとんかつには、マスタード(言えば小皿でくれます)だけでいただくか、

お店のおすすめの通りに、塩だけで食べるのが一番合っていると思いました!!

こちらは、厚切りヒレとんかつ:真ん中がピンクで絶妙の火の通し加減!どーですかこの色彩と造形は?豚肉を使ったアートです!

ヒレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートは、黒胡麻のアイスクリームとしっかり&しっとり系のパウンドケーキでした、どちらもOK牧場(爆)

それに、ローズヒップティーでお口さわやか~になりました。

デザート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お年寄りや子供でもペロッといけちゃう軽~い上品なとんかつでしたよ、女将さんはじめスタッフの接客も感じよかったです。

本当に、この値段でこの内容は信じがたいことかも、大満足しました!!

今のところ、俺の中のとんかつ屋ランキング(お上品系)の中ではベスト3に入りました。

お店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまり流行っちゃって自分が行けなくなると困るので、

今回は、お店の詳細についてはあえて書きません。

知りたい方は、ご自分でお調べになってくださいね(笑)

 

 

バナー←それでも応援クリックはよろしく!

 

スポンサーリンク