スポンサーリンク

手打ち蕎麦 たがた

裏通りにひっそりあって隠れ家的な店。

入り口が通りから引っ込んでいるし、看板もありません・・・・

だから正面まで行って暖簾を見ない限り店の存在を知ることはないでしょう。

お店のホームページはこちら!http://www.soba-tagata.com/index.htm

たがた

蕎麦屋で飲みたい人にぴったりのお店です。

酒も肴も種類が豊富にあって迷います・・・

蒸し暑い中をずいぶんと歩いてきたので、

とりあえず冷たいエビスビールの生を1杯

静岡の特別純米酒を2合飲んでいい気持ちに・・・・・・・ごちそうさまでした

(オイラ、日本酒は純米酒以外は飲みません、醸造酒は美味しくないし頭がいたくなるからNG)

今が旬のトウモロコシのかき揚げ 甘ーい

冷酒

天ぷらは、4種類の塩でいただくスタイルのようです。

左から、ジャワ島の塩(写っていませんね:汗)・モンゴルの岩塩(おろし金で削ります)・塩胡椒韓国の焼き塩

俺的には、モンゴルの岩塩の、演出効果と塩の甘さが気に入りました。

塩を振ることによって、とうもろこしの甘味が更に引き立ちます~

へしこの盛り合わせ                           焼き味噌

へしこ焼き味噌

「へしこ」とは、鯖に塩を振ってぬか漬けにしたものです。

若狭地方の伝統料理で、越冬の保存食として重宝されています。

名前の由来は様々であるが、漁師が魚を樽に漬け込むことを「へし込む」と言ったことから、

「へし込まれた物」が略されて「へしこ」となったという説、

または魚を塩漬けにすると滲み出てくる水分のことを「干潮(ひしお)」と呼んだことから、

これが訛ったものであるとする説が有力である。

ぬかを軽く落とし火であぶったものはお茶漬けや酒の肴に良し、新鮮なものであれば刺身で食べることもできます。

写真の盛り合わせは、左から鰤・鯖・河豚、それにセロリの漬物です。

他にもカワハギのへしこを少し味見させてもらいました(ラッキー)

どれも旨味成分と塩気が強いので酒がすすみます~

というかお酒がないと食べられませーん

鯖は、周りの皮が口に残ったりするので、なんかサラミを食べているようでした。

サラミでワインを飲んでいる感覚に近いんですわ、これ

一人でコレだけの量は、塩分量的にお腹一杯でしたw(爆)

軽くあぶったものでお茶漬けにしためちゃくちゃ美味そうな気がします

焼き味噌は、思ったよりも柔らか目の味噌の中に、炒った蕎麦の実が入っているのでサクサクした食感がして面白かったです。

もり蕎麦で締めです、ごちそうさまでした。

山葵がフレッシュなものを使っていない点だけが残念ですね、

業務用のチューブ入りみたいな味がしたので・・・・

ただしオイラは蕎麦を食べるときに山葵は使わないんですけどね(核爆)

手打ち蕎麦 たがた

住所:静岡市葵区常磐町2丁目6-7

電話:054-250-8555

営業:11:30 ~ 13:30 17:30 ~ 22:00

定休:月曜日  木曜日(昼の部)

喫煙OKなので、込んでいたら入るのよそうと思っていたけど、カウンターにオイラ一人でしたラッキー

バナー

スポンサーリンク