スポンサーリンク

フランスの音楽の祭日 Fete de la Musique 2007

2020年12月25日

毎年夏至の日(今年は6月21日)、フランス全国各地であらゆるジャンルのミュージシャンがアマチュア、プロを問わず、

路上や、野外ステージ、ライブハウス、教会などでコンサートを繰り広げます。

現地フランスの様子がこちらのブログでも紹介されていますよ。

パリの様子 http://blog.goo.ne.jp/asu727/e/371edf6d845df471f8e6412dc47c1098

マルセイユの様子 http://blog.goo.ne.jp/fujimaru76/e/e9a723be478264a75a7bfeeaa509b1f3

ここ名古屋では、

アリアンス・フランセーズ愛知フランス協会が主催して名古屋港ポートハウスにて盛大に開催されました。

ポスター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋ポートハウスの会場内からは”南極観測船ふじ”が迫力いっぱいに見えます。

小さな子供連れからお年寄りまで大勢の人が音楽を楽しんで盛り上がっていました。

フランス料理の屋台も出ていて、飲んで・食べて・踊っての美味しいイベントだったよ。

名古屋港ポートハウス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界中の民族楽器で構成された無国籍バンド・・・・見たこともない楽器が・・♪

東海ニコニコ楽団

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワインを片手にほろ酔いで聴いていたい、ジャズボサデュオ

If De Fa

 

 

 

 

 

 

 

 

 

協賛のペルーノ・リカール・ジャパン㈱からはオイラの大好きなペルーノ・パリスが

ダノンジャパン㈱からはヨーグルトがフリーで振舞われていました、ラッキー!

pernod

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クレープ屋さんはすごく人気で行列がすごかった・・・

クレープ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バン1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出展していたCafe Dufのフレンチブルーのバン。

他にも名古屋で人気のビストロChez Totoさんや

パン屋のBLANC PAINも出展。

美味しいもんを格安で提供していましたよ(嬉)

それにしてもこのシトロエンのバンって

何となく深海魚の顔に見えませんか?(笑)

バン

 

 

 

 

 

このクスクスはオイラが作るより美味しかったよ、満足。

クスクス縦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロレスラーではありません(笑)シェフが生ハムをスライスしてくれます、これマジ旨かったわ500円也、

ワインもグラス300円・ボトル1500円と破格、味もいけました。

ChezToto

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このもちっとしたパンにチーズ・生ハムをはさんでいただきますぅ。

フロマージュ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左がベーコンとマッシュルーム、右がサーモンと葱のキッシュ、どちらも400円也

キッシュ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音楽祭に行ってもやっぱり食って飲んでいたのか、と思ってもクリックお願いね!

バナー

 

 

 

スポンサーリンク