スポンサーリンク

極めろマルセイユラーメン道 from 名古屋 2nd

2020年12月25日

マルセイユ在住のソムリエ藤丸さん。

彼女のブログ”マルセイユ食堂 chez FUJIMARU”から始まった《極めろマルセイユラーメン道

に触発されて作ってしまったマルセイユラーメンfrom名古屋1st。

今回の2ndは、夏バージョンでやってみたよ!

今回のスープも、前回と同じくサフランを戻した水に粉末のフュメドポワソンを入れただけ(汗)

タレも前回と同じレシピだけど、夏用ということでカレー粉(SBの赤缶)と生クリームを入れてみました。

今回凝ってみたけどハズシっちゃたのが具です。

味はよかったけど、細かくし過ぎたので箸で食べにくかった(よく味噌ラーメンに入っているコーンの状態)

しかも盛り付けが平面的でメリハリがなくってしまった(反省)

今回、特にマルセイユを意識して作った具は、チャーシューかな!

いつものレシピは、豚の肩ロースを醤油だけで煮たものですが、マルセイユらしくと、醤油にパスティスを入れて煮てみました。

中華料理ではチャーシューを作るときによく八角を使うので、同じくスターアニス(八角)から作くられたお酒のパスティス

との相性も悪くないはずだよね、大人っぽい風味のチャーシューの出来に満足。

他の具は冷蔵庫の中の食材の整理です(笑)

ジャガイモ・玉ねぎ・パプリカ・オクラは塩茹で、ナスはオリーブオイルでソテーしてカレー粉と塩を入れた玉子でピカタにして、

大きさを他の野菜に合わせてカット(このナスはメッチャうまいんだけどこのラーメンの中では埋没気味だったなぁ)。

味噌にも生クリームに合うと思って用意したサーモンは、フレッシュタイムを入れたバターでソテーして塩・ホワイトペッパーで

味付けして白ワインでフランベ。

後は、トーストしたバッケトにプロバンスのオリーブとドライトマトにレモンスライスをトッピング。

先ずは麺だけ食べて、後残ったスープと具をバケットとロゼワインで楽しみましょう。

ブイヤベースみたいに麺の入ったスープと具は別皿でサーブするのもアリかもね!?

Marseille Ramen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回思ったことは、マルセイユチャーシューはアリです!

オリーブやドライトマトもこのラーメンによく合っていました。

本当はムール貝を使いたっかたんだけど売っていなかったっす(泣)

現状でスープはいい感じなので、具をもっと考えてマルセイエ達がうなる味に仕上げたいと思います。

藤丸師匠、この後はテイクオーバーよろしく~♪

マルセイユへの道のりは遠いぜ、よいアイデアがあったらコメントください。

バナー

 

 

 

スポンサーリンク