スポンサーリンク

うな梅丼

池作

悪童日記というブログで知ってから、「池作のうな梅丼」が食べてみたかった。

実は、俺が鰻を食べられるようになったのは23歳の時なのだが、

それまで苦手だった鰻丼に、ゴマを振り、千切りのきゅうりを載せ

さらに、おろした山芋と山葵醤油をかけて試してみました。

おーこれなら臭みが消えて意外と旨いじゃん

とそれ以来鰻が大好きになったのです・・・・

その初めて鰻を旨いと思った時よりも前に・・・・

もしも23歳よりも前にこのうな梅丼を食べていたのなら、

もっと早くに鰻のことが好きになっていたかもね

これを食べながらそんなことを思いました・・・・

とりあえずビールって言ったらに、鰻の骨せんべいが付いてきました:笑(美味)

骨せんべい

これだけでも買うことができます(50g200円)

白焼きではなくて「うなわさ」といいます(600円)。

うなわさ

うなわさアップ

醤油を塗ってさっとあぶった鰻に、たっぷりの山葵をつけていただきます

鰻自体の繊細な味が楽しめます、これいいよ~お勧め

うな梅丼(800円です、大盛りは1400円)吸い物・漬物付。

うな梅丼

unaumedon

うな梅丼のご飯

昔から鰻と梅干の食べ合わせはよくない、胃腸が溶けるなどとよく言ったもんですね。

ただし実際には根拠はなさそうです、いろいろな説があるようですが・・・・

ウナギと梅干しの怪しい関係

それにしても思い切ったメニューです、この保守的な街で常識をぶち破る革新的な一品。

梅干しを混ぜたピンク色のご飯に、胡麻と青紫蘇の色が綺麗ですね。

味は、鰻丼とは思えないくらいあっさりです、鰻の蒲焼のパンチのある味を求めると物足りないかもしれませんが、

食欲のない時や「うなわさ」や「肝焼き」で1杯やった後の〆で食べるにはもってこいですねぇ

池作

住所:静岡県静岡市葵区人宿町2丁目6-1

電話:054-252-0952

中尾彬さんもTV番組で食べて行ったみたいです。

http://www.tv-sdt.co.jp/bangumi/bishoku/shizuoka/index.html

うなわさ・うな梅丼・ビールで2千円ジャスト(安)!興味のある方はレッツゴー!

バナー

スポンサーリンク