スポンサーリンク

ばらずし  すし屋の磯賢

2020年12月24日

「ばらずし」を調べてみると、

元々は岡山藩主・池田光政が出した「一汁一菜令」

(おかずは汁物以外にはひとつだけ)に反発した庶民が、

おかずをご飯に混ぜたのが起源だと言われています。

ご飯に混ぜてしまえばおかずとしてカウントされないというわけです。

「へぇ~」3つ

「すし一升、金一両」とまで讃えられるくらい、祭りの時には豪華になり、

「祭りずし」の別名もあります。

先日メールで、

静岡市の人気店「すし屋の磯賢」さんの名古屋店ができたよ!

と、お得意様からお誘いいただき今日さっそくランチに行ってきました。

お勧めの「ばらずし」は、細かく切って味付けされたネタの彩りがきれい。

味も付いているので、あとは食べるだけとご主人がスプーンを用意してくれた。

イクラもウニもぐちゃぐちゃになってしまいお行儀悪は多少悪いけど

かまわず一気にワシワシと食べてちゃいましたよ(笑)

甘くてあっさりです「うっま うまー」!

見た目よりも実際の量が多いのかなぁ?

味もお腹も十分満足ーでした

子供の頃からちらしずしって、気取らずにワシワシ食べられるから大好きなんですよー

これに汁物が付いています。

「一汁一菜」のカウント

先人達の粋な知恵に感謝します

すし屋の磯賢

住所: 名古屋市東区泉1-8-5 1F

電話:052-962-7444

すし屋の磯賢

住所:静岡県静岡市葵区西草深町6-34-101

電話:054-205-7444

すし屋の佳賢

住所:静岡県静岡市葵区紺屋町4-10

電話:054-254-7444

 

スポンサーリンク